CIジャーナル「ニュース・レスポンス」は前日の深夜24時までに発生したニュースに関するWeb反響の集計レポート。
2017年10月11日に反響の大きかったニュースの指標別トップスコアは、TTV「マルフォイ 新種のハチ」、OCI「マルフォイ 新種のハチ」、BCI「中韓 通貨スワップ」でした。

 

Web反響指標について

 

2017年10月11日 ニュースワードTOP20

ニュースワード TTV(回) OCI(倍) BCI(%)
マルフォイ 新種のハチ 29,975 2725 0.48%
新燃岳 噴火 28,918 110 8.95%
衆院選 期日前投票 22,287 96.9 3.04%
中韓 通貨スワップ 20,811 231.2 54.98%
カリフォルニア州 山火事拡大 17,645 196.1 1.62%
善光寺 逮捕 10,966 98.8 17.02%
株価 高値 9,725 30.7 28.33%
神戸製鋼 鉄粉 7,673 101 44.74%
ワインスタイン セクハラ疑惑 6,274 261.4 1.98%
小惑星 異常接近 5,146 139.1 11.58%
東芝株 上場維持 4,487 65 40.27%
死刑廃止 国連総長 3,850 113.2 28.57%
イケア 中部初 3,556 35.6 16.76%
愛知知事 希望の党 3,412 162.5 2.40%
CO2規制撤廃 地球温暖化 2,394 23.9 4.34%
北朝鮮 ハッカー 2,365 28.5 7.82%
アップル スピルバーグ 2,166 61.9 2.59%
スコットランド  独立 1,948 33 8.62%
カタルーニャ 延期 1,889 45 8.42%
遺族年金 過払い 1,806 42 16.39%

 

CIジャーナルは、年間2,000,000記事以上の解析実績に基づき、客観的なニュース分析を提供します。

ご意見、コメントはWeb経済研究所のフェイスブックにお願いします。