CIジャーナル「ニュース・レスポンス」は前日の深夜24時までに発生したニュースに関するWeb反響の集計レポート。
2017年12月20日に反響の大きかったニュースの指標別トップスコアは、TTV「大木民夫 死去」、OCI「安倍首相 インスタ映え」、BCI「女子児童 スプレー」でした。

 

Web反響指標について

 

2017年12月20日 ニュースワードTOP20

ニュースワード TTV(回) OCI(倍) BCI(%)
大木民夫 死去 28,054 148.4 5.25%
北朝鮮 炭疽菌ICBM 14,179 58.6 30.81%
豊洲市場 開場決定 11,205 80.6 3.61%
芥川・直木賞 候補 10,543 32.8 22.32%
JAL 詐欺被害 10,025 139.2 10.32%
憲法改正 中間取りまとめ 9,866 49.8 8.47%
安倍首相 インスタ映え 4,753 237.7 8.90%
女子児童 スプレー 4,708 70.3 62.83%
陸上イージス 反対集会 3,598 59.0 8.56%
スバル 燃費計測値 3,188 25.1 17.82%
サウジ ミサイル迎撃 2,820 32.4 3.55%
チェルノブイリ事故 外交文書公開 2,663 74.0 42.17%
あおり運転 免停処分 2,457 45.5 28.77%
エル特急 消滅 2,236 97.2 17.71%
LINE 自転車シェア事業 1,952 16.3 3.18%
インサイト 復活 1,695 51.4 13.86%
新卒 初任給アップ 1,587 20.3 18.08%
知事部局職員 自殺 1,545 85.8 19.09%
オウムアムア 炭素の膜 1,523 72.5 11.36%
米税制改革法案 可決 1,304 7.1 14.88%

 

CIジャーナルは、年間2,000,000記事以上の解析実績に基づき、客観的なニュース分析を提供します。

ご意見、コメントはWeb経済研究所のフェイスブックにお願いします。